岸和田発 バスフィッシング釣行記

 
 

10月祭礼

  1. 23:22:14
 昨日、本日と岸和田の山手の祭りでした。2日とも暑かったですが良い天気に恵まれてここ最近ではないぐらいの良い祭でした。


 

 



 2地区の間に家があるので朝一からは一つの宮入(行基参りという宮入ではないのですが・・・)とうちの地域の宮入を連続で見れます。行基参りは人が多すぎて近づけないので後ろからかなり離れて参戦。地域の宮入は知り合いがいるので特等席で写真撮影



 





 正月用の写真にしようと思いましたが子どもが緊張のあまり目線がイマイチ・・・



 ケガも大きな事故も無く無事に終わりました。2日間、子どもに付いて走りっぱなしでしたので疲れた〜、先ほども10時の終い太鼓まで見て帰ってまいりました。眠たい・・・




 

 
 
 
 

試験曳き

  1. 12:53:04
 6日は岸和田の山手のお祭り。岸和田で有名なのは9月の祭りですがこちらは浜側・旧市内の祭りです。ワタクシは元から山手の生まれ育ちですのでどっちかと言うとこちらの祭りの方が「祭り」って感じです。


 昨日は朝から非常に暑くてなかなか大変、青年団も熱中症の人がたくさん出て大変やったみたいです。役員さん、ご苦労様。


 

 

 



 本曳は10月12日13日の土日です。体力持つかな…




 あ、そうそう、潮ガミしてたブーツですが片方の足は回復しました。お湯攻撃でゴムの部分が色あせてしまいましたが何とか使えそう。もう片方は…無理かな… ペンチでゴリゴリやるか。

 
 
 
 

旅行、行ってきました 二日目

  1. 21:22:31
 昨日は人間ドックでバリウムを飲んだため、晩は悶えておりましたので旅行のアップが出来ませんでした。やっとこさ、アップできるようになりました、息絶え絶えですが(笑)


 2日目に能登の先っぽまで行こうか迷いましたが塩田、千枚田など子どもが見て喜ぶか?という議論になりまして結局は旅館付属の遊園地で少し遊んだあと、福井の恐竜博物館に向かうことにしました。途中、金沢に寄りましたが時間切れで駐車して土産を少し見てすぐに出発、恐竜博物館のレストランで昼食を、と思っていましたが









 





 福井と言えばこれでしょう〜。ソースかつ丼です。なぜかこの写真だけ芸術的に撮れてしまってて笑えますが。お味はというとま、










 想像してたような味











 でございます。有名店に行けばそれなりの感動もあったと思いますがチェーン店ですのでこのぐらいでしょうか。ココからは恐竜博物館に。途中、九頭竜川沿いに走りましたがアユ釣りが盛んですね。月曜日でしたがココでも大会?的なことをやっていました。アユ釣りも気になるなあ〜




で、到着。平日の昼過ぎだったので混雑もマシかな〜、と思ってたらめちゃ混んでいます。今年はヒーロー戦隊モノが恐竜モノということやそのロケが恐竜博物館で行われたこともあり、子供が多い(前回もそうでしたが)



 




 コレは戦隊モノと一緒に写ってた恐竜博士。






 











 建物は非常にモダン、しかも入場料が大人700円、子ども就学までが無料と非常にリーズナブル。子どもが居なければ2時間は余裕で居れるほど展示も充実しておりとてもお徳です。





 

 




 中央の動く恐竜の前でお兄ちゃんは写真が取れました。ちょっと緊張気味ですがリベンジ達成〜、前回来た時には怖かったみたいで入口から一歩も動けませんでしたからずいぶん進歩したものです。下の子はやはり動くのが怖かったみたいです。またリベンジにこなあきません。



 帰りは少し遅くなったので大津PAでお食事して帰ってまいりました。大津PAもリニューアルされてて非常にきれいでした。大津の花火の時には混むんやろうな〜



 






 と言うわけで夏休み最後の旅行も無事に終わりました。若干、疲れが残りましたが今回は比較的涼しかったのでマシやったかも。やっぱ、夏は涼しいとこに限るなあ〜



 
 















 

 
 
 
 

旅行、行ってきました 一日目

  1. 09:59:30
 8月の最終日曜日を利用して石川県〜福井方面に旅行に行ってまいりました。盆の有馬で随分、旅行気分を味わいましたがうちの旅行が残っておりました。

 今回は子どもがどうしても福井の恐竜博物館リベンジを果たしたいとの強い要望によりその方面で探しておりましたが




 日本海方面、地味〜






 どうも、景色、伝統工芸、町並みなどが多く、子どもが喜びそうなコースが取り難い…色々と迷った挙句にワタクシも行った事の無い能登半島方面を絡めての旅となりました。




 いつもどおりに子どもが寝ている間に距離を稼ぐ作戦で夜中に出撃しましたが北陸道 木ノ本辺りまで豪雨、どうなることかと思いましたが南條PA付近でやっと小ぶりになってきましたので一度休憩




 






 大雨でスピードが出せずに予定より遅れております…50キロ規制があったのですが雨が凄くて必然的に50キロ以上出せねえ〜







 






 石川の千里浜なぎさドライブウェイに到着。車のままで砂浜を走れる唯一の場所らしいです。遠浅なのか風波がエライ手前から立っております。しかも前日の大雨の影響で濁っとる…途中、がまかつのフレンドリーカップキス釣り大会やっていました。濁っていても釣る人は釣っていました。遠浅なので濁りの無い場所まで遠投が必要なようで考えられんぐらい投げていました。日本海でキス釣りしようと思ったら遠投練習しないといけないなあ〜






 

 
 

 その後、一時間ほどでのとじま水族館到着。小規模水族館ですがジンベイザメや野生イルカの餌付けなど見るところはたくさん





 





 水族館すぐ後ろがヨサゲな波止+海釣り公園も併設、子どもが居なければ間違いなく行程が変わるでしょう(笑)





 






 イルカの餌付けシーン、イルカのほかにマダイや大型グレ!!も居てます。個人的にはグレにたくさんエサを食べて欲しいのですが子どもらはイルカにやるので必死です。




 



 エサはオキアミ、マキエ勺1杯ほどで100円、割高〜、お父さんは600円で3キロ撒いているんやで〜、なんて教えておきました。



 少し早めに今日のお宿に。ココを選んだ理由は自然遊園地が併設されていて優待券で乗り物など乗れるので子どもが喜んでいます。


 

 




 ピラミッド+坂すべり散々やった後に






 





 2人乗りのゴーカート。ワタクシの過体重のせいか奥さんに追いつけない〜。





 









 汗をかいた後はプールでスッキリ、コレだけついて(実はまだまだありましてパークゴルフ、ビームライフル、サイクリングなどなどなど)優待券500円はお徳。食事、風呂は標準でしたが大人で10,000円を切るので値打ち有でした。

 晩に2日目の予定を考えましたが、本当は能登半島の先まで行って、と思っていましたが朝市、千枚田、塩田など子どもにとって余りに地味なので(笑)朝は宿の遊園地で遊んでそのまま福井の恐竜博物館に走ることにしました。




 二日目に続く

 

 

 
 
 
 

久々に更新

  1. 13:20:11
 世間的には盆休みのところも多いみたいですがうちは至って普通出勤であります。まあ、普段より電話対応などは少ないので自分の仕事をじっくりできますが・・・



 日曜日からヨメ実家に戻っておりましてなかなか更新できずでした。日→月には有馬温泉にtooru家族、ヨメ実家家族、義弟夫婦で揃って癒し。



 

 


 実はワタクシにとって有馬の泉質が強すぎて長くは入れないんです…温泉に来た意味無いやんて言われそうですが癒され度だけは満点で帰宅。次の日は有馬→森林植物園(兵庫県立)に行ってまいりました。兵庫ってのはこういう福利面で大阪とはずいぶん違います。大阪もこういうところにお金を掛けていただきたいものです。木が多くて少しだけですが涼しい?木陰は確実に涼しいですがやはりお日様の真下は危険




 

 

 





 森もあるのですがこういうだだっ広い広場もあり、立派な遊具が置いてあります。が、暑すぎて人は皆無〜、うちの一号がダッシュで遊具に向かっていきましたが暑すぎるのかすぐに帰ってきました。ココも周りは木陰があり、そこにはベンチもありますので気候の良い時期には非常に良いんではないかと思います。





 3日目は家でゴロゴロしておりましたがやはりあまりにアツいのでヨメ実家の近所のキッズランドに。



 

 




 入場料だけ払ってゲーム、カラオケ、マッサージチェア、漫画喫茶、インターネット、遊具、などなど遊び放題。太鼓の達人もシリーズは古いですがやり放題です。良くできたもんだなあ、と感心。しかも食糧飲料持ち込み可ですしクーラーも効いてるので子供を遊ばすには持ってこい。ワタクシはと言うと




 







 釣り堀でございます。小さな緋鯉がターゲットなんですがこれがなかなか曲者。エサ仕掛けを見切ってるのか(浅くて水が透明なんで警戒心抜群です)掛かりません。周りでやってる子供も皆目釣れずに飽きていましたがココはセミプロ、仕掛けを弄るという姑息な手段で子供が釣れないのを横目にバンバン釣ってやりました。既成の仕掛けだとどうも宙を釣ってる感じでエサに触れもしないのですがやはり、コイですのでウキを取って仕掛けを這わしてハリを吸い込んだタイミングで掛けてやると面白いように掛かります。周りの子どもも「おっちゃん、おしえてや〜」って寄ってくるのでいろいろと教えると釣れるようになります。やはり魚の習性を熟知しないと釣りは成立しません(笑)ゆっくりはできませんでしたが盆働く英気は養えたのではないかな〜

 
 
顔文字教室
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved