岸和田発 バスフィッシング釣行記

 
 

バチパターンかどうかは…

  1. 23:40:18
ヨメの産科の検診についていって『あと1週間』のお墨付きを先生からいただいたのでここぞとばかりに釣りへ。本日はあったかくなってきたんでそろそろバチもヌケてるんではなかろうか、という観測の元、いつもの港へ。

今日は某ディーラーのN君も一緒。N君も家族サービスの合間を縫っての釣行。

合流し、バチ抜けの定番『ニョロニョロ』にてのっけからヒット。しかし、喰い損ねのようでえらいとこにフッキングしとる。今日はイージーな日だと勘違いし、そのままリリース。しかし、次のがかかるまで2人で2時間ぐらいかかった。なんで?

バチはここにはいない(見つけられない)ので港の最奥へ。バチがいるにはいるが異常に短い。数センチのバチが一生懸命泳いでいるのを小魚がパクリ。自然の摂理や。しかしシーバスの気配は無いので思い切って最初の河口側へ。こっちは水面はボラボラでえらいことになっており、生命反応はある。しかし、シーバスはおるんかいなあ・・・。ともってたらおったー。
IMG_0003_050.jpg

元気いっぱいの40センチほど。その後はN君もボラ、チビシーをくわえつつ、更なるデカシーを求め遠投遠投。でもデカはそう簡単には見つからない。

IMG_0001_050.jpg

IMG_0004_050.jpg


バス持ちできるのもくわえ、あとはドラマやな。
と思ってたら来た。でかい感じ、リールが巻けない&ドラグがやまない。反転さすことも出来なかったし、河口の魚、全部ビビって逃げてまうし。
ものすごいパワー&スピード。
ぜんぜん太刀打ちできんままラインブレイク。あれはいったい何やったんやろう。わたし、デカシーと思ってます(今でも)N君は着水時にたまたまデカぼらの頭があってそれが直で刺さってんのとちゃうん>?やって。明らかに魚の引きやったんやけどなあ。

その後は魚が散ってしもうたのでジエンド。
コンだけつれたらまた行きたいわア。

 
 
 
 

不吉じゃあ。

  1. 23:13:00
金曜日の話だが不吉なことが。
あさ、ヨメさんがコーヒー入れようとしたら
Image020_025.jpg

パリン、マグが真っ二つ。
おそろし〜
幸い、シンクの上やったようで洪水にはならず。
その日、一日何が起こるか心配やったが特に何も無く、普通に日が過ぎました。

ふう、よかったぜ。

 
 
 
 

野池っ子

  1. 23:10:10
先日の産婦人科の検診で『あと1週間後かなあ』の励ましのお言葉をいただいたので気兼ねなく野池に。しかし、あとから付け加えられたのが『でも、いつ生まれてもおかしくないよ』やって。

久々にボートに乗りたかったがさすがにプカプカ浮いている間に『子供出てきたー』と知らせを受けても困るので近所の野池止まりですが。

ここんとこ気持ちよく釣った覚えが無いんで今日は最初っから巻きモン勝負。到着してすぐブン上げゴリ巻きの繰り返しだがうんともすんとも。バスの姿は確認でき、ヨサゲな雰囲気にもかかわらずハードのほうはまだ先か?ダート、ヒラウチにも全く無反応なんでまだまだベイトとしての魚を追っかけられないんやろか。
仕方なく、テキサスをハードボトムであろう沖向きに投げてズルズルしていると30センチくらいの引かないバスが。
Image022_025.jpg


Image023_025.jpg

もいっちょ追加で幸先よし。(まあ、本当の幸先はポシャッたが)

でもイマイチバス君も乗り気で無いようでゴンゴンって感じでなく、グーンって感じで持っていくだけ。けれどもどちらも健康体のようで歯もかなり強く痛くて親指久々にザラザラや。
いまどきのバスはなに食べてんでしょ。

今日はデスアダーやシャッドシェイプのようなピンテールのワームにしか反応しなかったのもエサとの関係があるはず。なにを思ってたべてんのかバスに聞きたいぐらい。
自作失敗のコラバでもつれたのでよしとしよう。(失敗作は1匹釣れた時点で破壊、殉職)ラバーを付ける向きが反対やったようで弁当によく入ってるタコさんウインナー的になってたがタコでも何でも食うみたい。

Image024_025.jpg

Image025_025.jpg

チョッとかっこ悪かったので写真には写せなかったのでスミマセン、ほんとにかっこ悪かったんです。

Image026_025.jpg

おなじみの自撮りでフィニッシュ。
久々に複数竿を曲げました。大きくは無かったけど楽しかった。まだまだ浅瀬でボーってしてるオスばっかでした。

 
 
 
 

もうじきですが・・・。

  1. 01:05:53
5月1日が子供の産まれる予定日で、1週間を切って急にそわそわ。
明日は(正確には今日)初めて検診に付き添い。

いまのいままで付き添いで行ったことが無かったのだが、パパ初心者は結構来ている模様。産婦人科の待合で野郎ばかりが待ってるのんも異常な光景だがまあ、仕方無しに付き合うことに。

気になるのが子供の名前。
ワタクシの親が余り画数とか気にしてなかったらしく、漢字を調べたら大凶やって。まあ、これで画数の制限はなくなったも同然なんで自由につけれるわ。でも、ワタクシ、親戚が多く、その子らとかぶるといけないのと、周りにすでに子供が生まれ始めているのでかぶらないようにせんとあかんので気を使うわ。
あと、変換できん当て字とあまりにも奇抜な名前(夜露死苦的な)は絶対やめとこうと思う。(すでに付けてる人、スマン。)自分自身、漢字では苦労しているので(いまだに間違われ、かつ読み間違いも多い漢字なんで。まあ、30年も生きてたらなれるんやけど)間違われにくい感じにしたろうと思う、ってどっちが生まれるか教えてくれん病院なんで候補が絞れん。
どないしよ、あせるなあ。

 
 
 
 

炸裂

  1. 22:07:15
あー、物欲が炸裂してしもうたワイ。
スモールラバージグの威力に見せられ、釣っては見たものの思いのほか消耗が激しいため、自作しようかと迷っていましたけど、迷いを吹っ切るかのように道具を購入してしまってる私。
うーん、ブログに書くことでもう少し思慮深くなってるのかと思いきや、全く学習能力なし。

まあ、買ってしまったものは仕方ないので(←超プラス思考)自作するとするか。まあ、上手に作れるようになれば買い手もつくやろうしがんばるべ。

Image017.jpg

これがバイス。ジグをはさむ奴やね。このバイス、なかなかアメリカンな外装でいかにも工業製品って感じでさわったら黒い工業油がついてそれも独特のにおいで部屋が充満。キーボードもテカテカや。挟む部分も若干ファジーな感じがよろしい。1840円

そんでもって原材料
Image018.jpg


Image019.jpg

ジグヘッドとラバースカート、スレッドにガード。
最初ガードなしを作ろうと思ってたんやけどどうせならガード技術も一緒にやろうってんでいきなりガードありにチャレンジ。

コスト的には
ジグヘッドが1個当り58円、シリコンラバー1個当り90円、ガードはこれ、ラバージグ用のガード100ピースがこれまたアメリカンな感じで入っていて、どうせスモールラバージグやったら1ピースのうちの3本程度しか使わんやろうからたぶん、オレが老人になる頃まであるやろな。コストは…計算できず。なので計算上は148円で出来る寸法。意外なのがラバー部分が高いってこと。まあ、ジグの命といえば命なんでそれまでなんやけどこの辺はコストダウンが見込めそうなので当分100円を目標に行きたい。

毎回スモールラバージグって記載すんのもめんどくさいのでハンハンやケムケムみたいないい名前がほしいので名づけてみました

マイリトルラバー!

略してマイラバです。まあ、ラバー違いやけど。
本物のマイラバーは今頃どんな活動してんのかなあ。

>>  [  炸裂  ]  の続きを読む

 
 
顔文字教室
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved