岸和田発 バスフィッシング釣行記

 
 

また物入りですわ

  1. 22:07:37
はあ、なかなかお金は貯まらんもんやなあ。
うちの家はオープンガレージで屋根が無いのですがヨメから付けよう的なことを言われて本日、見積もりに来てもらいました。


実はというと、うちを建てる時にボクは『絶対、屋根いるようになるで。』と言い張ったんですがヨメは『暗くなるから今はいらんやろ』的で全く消極的。

こんなんはいっぺんにやってもらったら体裁いいのんは分かってたんですが跡付けですわ。しかも余分の工賃要るみたいやし。
一応、60%割引が出来る業者を捜し当てたんで思ってたよりは安く済みそうやけどボーナス出たのに屋根はいるわ、ローンでもってかれるわで散々や。竿の一本も買えない…。

トホホやわ。常にちっちゃく稼いでるへそくりで当分釣り道具は買うことになるなあ。会社の経理の方、またご協力お願いします。

 
 
 
 

最近はコレですわ。

  1. 23:02:22
出張の浮いた節約した金で投げ釣り用のラインを購入。ちょうど、こないだ買ったEVに巻くやつ。200Mで定価7,875円もしやがるが、ナイロンからPEラインにかわって投げ釣りが格段に面白くなった。


まず第一はライン自体が細い(強度がナイロンと同じであればPE
は数段細い)ので飛距離が出る。コレ、投げ釣りでは重要でつれなくてもストレス解消にはもってこい。いつも0.8号を愛用。
第二にアタリ。コレはずいぶんと明確に出るんでもともとアタリのでかいキス釣りにはぴったり。めちゃおもろいわ。次々当たってくるんがよく分かるし、底の形状もよく伝わってくる。第三はナイロンに比べて経時劣化が少ないように思う。釣りのあと、真水に漬けて潮を抜くのだがナイロンのときはなんか漬けすぎたらブヨブヨチックになってていかにも水を吸ってますよー、って感じやった。がPEはそんなんが無い。まあ、弱ってるんやろうけどあまり気にせずやってますわ。
難点は高い!
これはしょうないか。

タックルも上を見ればきりが無いがラインはずっとコレやろう。ロッドももっとキス釣りがおもろくなるのん、見つけてますけどコレをヨメに見つけられたらうちは滅亡ですわ。
だって、キススペ、10万円位するんですもの・・・

 
 
 
 

熱中症

  1. 22:05:08
昨日、出張明けの疲れと子供の夜鳴きで眠れずのまま、勤務。

昨日はホンマに暑くてしかも外に出る用事があったんで
炎天下の中、歩く、歩く。

歩いてると尋常じゃないぐらいに汗が出てきて体温が異常に高い。
頭も痛いしでヒサンな職場訪問やった。
帰ってきておこちゃまのメシを食わずに8時に眠って朝まで寝たらずいぶん調子はよくなったけど頭は依然痛い。

軽い熱中症になった模様。湿度、気温とも高かって疲れとの相乗効果ででたんやろな。喉が渇くからとお茶、水を飲みすぎるとよくないらしい。ミネラル分が汗とともに出て行ってるんでますます薄くなるみたい。スポーツドリンクがいいみたいですわ。

暑い日が続きますがみなさんも釣り時も熱中症、日射病なんかには気をつけてください。

 
 
 
 

帰ってきました

  1. 23:25:50
ただいま、出張から戻りました。
グダグダです。
安いプランで部屋はそこそこよかった(一人やのにツインの部屋でした。会心。)のでぐっすり眠ることは出来ました。帰りの新幹線の時間を会議が終わる時間を勝負しすぎて指定席に乗れんかったんが唯一の失敗。ひかりの自由席で帰ってきました。ひかりやからあんまり乗ってコンやろうって思ってたらなかなか利用者はいるモンでぎりぎり座れました。

のぞみでは止まらん駅のニーズやろな。高速化も考え物です。

明日から通常業務です。フー

 
 
 
 

明日から東京です

  1. 23:18:08
とはいっても、月曜日の出張。
月曜日の集合が9:00のため、うちの会社では前泊なのです。9:00なら関空発の早い便で間に合うのですがまあ、個人に優しい会社です。

出張の際は支給旅費が決まってるんでできる限りやすい方法で行けば差額はお小遣い有効利用できるんで色々探す。

そこで会社の先輩から伝授されたのがJR東海ツアーズの出張プラン。行き帰りは新幹線ひかりオンリーだが宿泊付きでなんと
26800円!
ナイスプライスである。
モチロン急ぎの人や乗る電車が直前まで決まらない人には使いにくいが僕らみたいに前日から入れる人は有効。こだまのプランもあるらしいが気が遠くなるほど時間が掛かるのでこちらを選択。
男の財布に優しいプラン、浮いた金は釣具に回そうっと。

 
 
顔文字教室
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved