岸和田発 バスフィッシング釣行記

 
 

LB?

  1. 23:41:25
本日、この間の煙樹ヶ浜のリベンジを兼ねて谷川あたりでゆるりと
電気ウキで半夜〜夜釣りでも行こうかなって意気込んでたら突然の雨。

クソー、ついてないときってこんなモンかよー

仕方なく、朝方だけ、タチウオでもと思ったが連日の選挙の行動の疲れからか今日はやめや、やめや。とっとと寝よう。

あ、そうそう友人に誘われてこんなん買いました。


LB(レバーブレーキ)のシマノ BB-Xデスピナ+夢屋スプール”ファイアブラッド”
???

あれ、って思いました?

ちょうっと方向転換しようかと思い立ったら行動早いですよー
小遣い前倒しですけど(笑)

ロッドもいかなあかんし、その他もろもろ行くと目玉が飛び出るような値段の奴も。はあ、踏み込んでしまったかぁ…。

磯だけはせんと思ってたんやけどなあ。
買ったからには頑張って中紀〜南紀の磯に通います。

本日の買い物13209円(2007累計118800円)

現在、オークションで出品して自分の生計立ててます…

 
 
 
 

煙樹再々リベンジも・・

  1. 18:30:03
9月24日、前日の旅行から仮眠後、待ち合せのフィッシングオーシャン御坊店へ。
途中、岸和田のマックスで高級エサマムシを購入、知り合いがいたのでちょうど南の釣果など聞いてみたら『今日は南に低気圧があるからうねってるかも』
やって。
煙樹は何度行ってもまともな釣果が上がったことが無く、ボクにとっては鬼門なんやけど、あのロケーションはそんな数度のボウズを撥ね退ける何かがあるような気がしてあきらめきれない。

オーシャンでQ氏と合流し煙樹の南の砂浜へ。
キス場とのことで5本針の上3本はゴカイ、下2本はマムシ切り身をつけ引き釣り、もう一本は2本針にマムシ豪快付けでほり込んで置く。
しばらくしてエサ取りアワー。
チャリコ、フグ、得体の知れん何か、ガッチョをオンパレード。コレはたまらんと、河口側へ移動するも根がきつく、釣りにならないので
思い切って大場所移動、通称グラウンド前へ。

そこでは3本出しでオール2本針、マムシ豪快付けで掘り込んでおくも、なんの反応も無し。
前日の旅行の疲れからか、集中力も無く、仕掛けを換える気力もうせたので日の出とともにストップ。

うーん、煙樹は難しい。いつになったら釣らせてくれんのやろう…。

 
 
 
 

職場の慰安旅行

  1. 07:24:25
昨日からヨメとチビが実家に帰ってるって言うのに、ワタクシ、本日から会社の慰安旅行なんです。まあ、慰安旅行とは言っても気の合う仲間内だけなんですが。とてもとても皆で行く気にはなれない職場なんで(泣)

旅行の後は煙樹ヶ浜リベンジが待っています。
まともな魚が釣れたことが無いのでそろそろイケるんでは、との甘い予想。2本を集中するか、それとも3本出しするのか、迷い所です。

 
 
 
 

ナマで・・・

  1. 22:22:44
とあるスジからトウモロコシをいただいた。

なかなか立派な奴。
聞けば、ナマでもイケるらしい

以前、ある小料理屋でナマでトウモロコシ出してもらってずいぶん驚いたが、ついに自宅でも食せる時が来たか・・・。



ホンマのナマです。皮むいて切っただけ。

食す。



・・

・・・

う、うまいーぞー味王並みのリアクション。
ホンマに甘い。そこらの果物やったら太刀打ちできんぐらい。
食感も非常によく、皮(粒々ごとのやつね)も気にならん。

食して次の朝、皮が気にならなかったせいか、ウ〇コにも出ていない。驚異的や。今まで食ってたん何やったんやろ。

やっぱり、取り立てしか味わえないものだそうです。取って時間がたったらやっぱり皮も硬くなり、いつもの朝を迎えてしまうらしい。

なかなか味わえないものを分けてくださった方に感謝。

 
 
 
 

祭のあと

  1. 22:07:52
年に一度のイベント、岸和田祭も今年も自分的には無事に終了しました。
今年は子供が小さいので曳き出しとか一人で飛び出してチョット見てくるなんて離れ業は出来んかったけど、何とか子供を連れて見に行くことに成功。
小さいうちからあの鳴りモンの音には慣らしとかんとね。

移動移動の毎年スタイルは出来ませんでしたけど、親子3人でゆっくりだんじりを見ることが出来ました。まあ、途中カンカン照りとかスコールとかあったけどね。見に行くまでは『暑いやろな〜』『クーラーのきいた部屋で岸和田TVでええやん』って思ってるけど、やっぱり現地に行って見んと祭の気分が出ないですね。

TVなんかでよくやってる9月の祭と岸和田周辺の町でもやる10月の祭も今年は第1週(厳密には第2週)なんでなんかせわしないなあ。

でもまたいくんやろな。岸和田の血かなあ。

 
 
顔文字教室
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved