岸和田発 バスフィッシング釣行記

 
 

闘病生活〜8日目〜

  1. 22:06:24
入院後、はじめての外泊許可が本日出ました。

 昨日から相部屋に引っ越ししてて今日の晩、お泊りの予定やったんやけど実は本心、ビビってました。すごく小さな子供さんと一緒の部屋やったのでちょっとした泣き声とかうちのチビの元気声が気になって、かなり緊張してたんですわ。

 今日の検診で若干数値が下がりきってないのと、エコー検診で別の病気が見つかっちゃいました。


心臓に穴が…


 最初聞いたとき、かなりビビりましたが緊急に治療を要するものではないらしく、そのままでも日常生活には支障は無い模様。いつのイトコが全く同じ病気で心臓の手術をしたので遺伝もあるんとちゃうんかな?

 ま、早いうちにそんなのがわかって入院してみてもらった甲斐もあったってモンです。本人は至って元気で久しぶりの自宅で散らかしまくってます。しかも興奮しているのか全然寝ないんですが…


明日からやっと3人揃っての生活に戻ります。長かったようで実質入院はちょうど1週間でしたがはじめてのことが多すぎて正直疲れました。今日からゆっくり寝たいですがなかなか寝させてくれそうにありません…
 

 
 
 
 

闘病生活〜6、7日目〜

  1. 22:39:40
 うーん、一日サボってまいました。というのもココ2〜3日は状態も数値もずいぶんと安定してきて特筆すべき点が無かったんで…(←言い訳)

 今日から個室→4人の相部屋へ移動を言い渡され結構突然やったんで民族大移動並みに移動。まあ、今日はボクの当番ではなかったんでヨメの親が来てくれてて引越しに当たったようです。ご苦労様でした。

 個室でも泊りはきついなあ、って思ってたら相部屋のほうが気を使うのでこの1週間は踏ん張りどころです。明日の検査で退院の日程が決まるとのことでチビサンに頑張ってもらって早く退院したいものです。

 チビの状態は川崎病末期の典型的な症状の足や手の指先の皮がむける現象がちょうど起こっています。(普通に日焼けのあとのようにむけます。痛そうでもないようです)それを見る限りもうじきかなっ。

 なんだかんだで1週間の入院生活を楽しんでるわけですが仕事を休むこと以外は本当に暮らしやすい環境やし、子供とこんなに一緒にいることなど家でもなかなかないのでいい機会やったんかな、って思います。
ちょうど闘病記をビデオにとってて反抗期迎えたら見せたろ、って頑張って撮影してます。もうじき1時間番組になるぐらいとってます。

 
 
 
 

闘病生活〜5日目〜

  1. 20:44:05
 昨日、チビの点滴のコードが取れたのはブログでも書いたのですがまだ穴は残っていてアダプターみたいなのは着けられてたんやけど本日、穴が塞がってしまったとのことで完全に添え木も変なアダプターも取ってもらいました。

 昨日まで右手が不自由(左の指を寝るときに吸う為、看護婦さんが配慮してくれた)だったので添え木が外れても左でスプーンなどを持ちに行こうとするが右も使えるのが分かると早速右手でスプーン、フォークを持って『マンマ、マンマ』とやかましいです。もうちょっと繋いでもろといたらよかったかな?

 昨日、ウ〇チも出たので快調らしく、朝から結構食事をしたそうで。まあ、元気になって何より。


 朝のうちから点滴の管を取ってもらったのと、血液検査。血液検査では久しぶりに大泣きさせられてました。結構看護婦さんとか残酷なことするなあ、って後ろから見てたんやけど大勢を相手にしてたら一人の子にかまってられへんので仕方ないな。大泣きの血液検査後は靴下はかせて部屋の中を散歩させてました。添え木がなくなってバランスもとりやすいのか、体力も回復してきたのか、ずいぶん歩けるようになってました。ただ、子供なりにストレスが溜まってるのか、モノを投げることを良くするのでケアが必要かと思いましたね。

 午後からは心臓エコー検査と心電図でコレは眠ってないと出来ないので眠り薬を飲まされ(ウーン、コレも大泣きでした。)3時からコテン。何の苦労も無く心電図、エコーが終わり先ほど結果を聞かせてもらったら『結構良好』らしい。血液中の成分でまだ高い数値があるのだがとにかくヤバイ数値(後遺症が残る可能性のある数値)が先に下がってくれてるのであとは経過観察で明日から病院内のプレールームにもいけるのでは?とのこと。

 ただ、川崎病はいったん症状が収まってからブリ返すことも多く、油断は出来ないのでもうしばらくかかります。ま、コチラが見てられんような治療は今後はないと思います、とのことで一安心。

オリンピックが家でみられる可能性も出てきました。

病院に付き添いでいると日にちと時間の感覚がないのとお金を全く使わないので金銭感覚が鈍っているといけないので今日当たり、マックスのセールにでも行こうかな、っと。

 
 
 
 

闘病生活〜4日目〜

  1. 16:25:37
 入院4日目ともなると付き添う側もだんだん段取りが分かってきて余裕が出てきますな。そんでもってペースが出来てき、かつチビも回復に向かってるんでこのクソアツイ中、自宅にいるより楽なぐらい。クーラーは一日中効いてるわ、家事は何もせんでええわ、チビのご飯は据え膳で出てくるわ。

 今日は昨日の夜勤(泊り付き添い)のあと、15時ぐらいでいったんヨメにスイッチ、晩はうちの母親が泊ってくれるとのこと。明日はうちの母が用事なので朝ごはんまでにボクにスイッチ。

 昨日の晩はご飯もあんまり食べなかったのだが本日の朝はパクパクまではいかんまでも良く食べ、病院食は完食でした。昨日の運動が功を奏してか、丸々2日出ていなかったウ〇チも出して快調そう。熱は昨日から下がりはじめ36度代をキープ。

 んで、本日先生に見てもらってよさそうやったんで一時、点滴のコードを抜いてもらいました。




自由に動けるはずやのに泣いてます…。女医さんやのに聴診器が怖いらしく、いつも泣きます…

 また症状が出てくるとヤバイので点滴の穴はふさがないで繋いでるコードだけ取ってもらったので右はまだ不自由ですがS2機関搭載型となり、アンビリカルケーブルの範囲でなくなったので足腰を元に戻すため、運動させます。

 靴下履いて病室をうろうろうろ。動けることが嬉しいようで、いつもの顔に戻ってきました。まだ病室を出る許可は出ていないので部屋の中だけですがもうすぐ病院内のプレールームに行く許可が下りればもっと嬉しいのではないのでしょうか。

 あとは再発をどれぐらい防げるか、後遺症をどれだけ残さないか、と言う治療に入っていくわけですが大概の川崎病の子は心臓動脈に動脈瘤が多かれ少なかれ残ることが多いようです。(今はいい薬が出来ているので薬を常飲することにはなりますが別状はないようです。)病院の先生方が非常に良くやってくれるのでとても安心やし、信頼できます。もう少し完治までには時間がかかりそうですが辛抱良く介抱してあげたいものです。

 下界のニュースを見てなかったのでアレなんですが相撲、優勝が決まってたみたいで、それに阪神もとてもお強い様子で僕が応援して無くても安心です。また、オリンピックが知らん間に近づいててオリンピックを家で見れるのか、病院でみなあかんのかっ微妙です。

 
 
 
 

闘病生活〜3日目〜

  1. 21:25:55
昨日から続いていたガンマグロブリンの投与1回目が本日朝に終了しました。薬の副作用か、朝に見に行ったら目が垂れてました。

思わずヨメに『こんな顔やったっけ?』

寝起きでちょっと垂れ気味でしたが起き出してからは元通りになってきて一安心。クスリが効いて来たせいか、顔のむくみ、腫れ、熱、目の充血はだいぶん収まってきていつもの状態に戻りつつあるのを感じさせます。

 ただ、やっぱり病気なんでちょっとはしゃいでは休息し、くっつきに来たりでだいぶん体力は落ちている様子。自分の足で立てないほど足腰も弱ってました。ので、点滴のコードの範囲ではありますけど今日は歩き練習を運動を兼ねて一日中してました。

 食事の量も徐々にではありますけど増えてきているのでもうすぐ栄養注射も打たなくて良くなるそうでそうなったら点滴もじきにはずせるとお墨付きを貰いました。

 ちょっとづつではありますが良くなってきています。

 あ、そうそう。本日ワタクシ、付き添いなのですが今は準備のため、家に戻ってきてます。病室から花火を見て(看護婦さんが言うぐらい特等席では無かったです)久々に涼しいところでまっすぐ花火を見れて満足です。ケガの功名とでもいうのでしょうか?

 大体の段取りも徐々に分かり始め、何とかやっていく自身が出てきました。今から身を清めて(風呂に入るだけですが)行ってきます。


 
 
顔文字教室
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved