岸和田発 バスフィッシング釣行記

 
 

手短に

  1. 22:30:44
 最終戦、最終戦、と言いながらズルズルこんな時期にまで磯に上がってしまったワタクシ。今日は市江に電話してアカンかったら坂田にチヌでも思っていたら

 明日出ますよ


 思ってもみなかったお返事。じゃあ、行きますよ、と今日のお磯は



 


 ココはハタ崎


 船頭さんから船着きがしんどくなったら裏でも出来ますよ、と悪魔の教えを頂き、早速船着きで開始したのは良いもののえげつないアテ潮+上潮滑ってえらいことになっていたので堪らず裏へ。


 ま、裏でもウキ飛ばした以外何もなし!



 底で這いずるような動きだったので経験上、ヘダイかと。沈めていたので道糸ごと飛ばされてウキさよなら〜

 バラしたら後が渋いのでまたまた船着きへ。船着きもあんまりええ事おませんなあ。

 

 

 イワシも週ごとに大きくなっていくなあ。今日は波は無いですが若干ウネリがあるのといやらしい西風で流しにく〜。そのうち、よそ見してたらマッハウキ入れでまたもやウキさいなら〜。サンコだと思っておきます。なーんも無いまま弁当、12時回っても潮が動く気配も無いので久々に昼ねします。

 30分ほどして上げに転じた時にええ感じになってきたのでここぞとばかりに打ち込み

 

 南風で荒れています。写真だけだと江須崎っぽい?コレで流れてれば言うこと無しですがアテて来てます。まあ、動かないよりマシか、と仕掛けを軽くして張り気味に流すとガツコーン

 

 いままでイワシばっかりだったのでガツコン言うても30そこそこですけど。しかし、オナガでよう曳いてくれました。ココからコツを掴んだか、木っ端の中にマシなのが混じりだします。が30を越えるのは釣るのがむずかし〜

 

 結局、ハリ飲みとマシなのだけチョイスして後はリリース。久しぶりのオナガのウキがすっ飛ぶ様なアタリが堪能できて満足満足。小さいのが主体なのでバチバチ鳴らしてくれるようなのはコレからもうちょっと先でしょうか。活性が全体的に低かったですねえ。ま、4000円で一日遊べますから案外お金を使わない趣味か?んなことは無いですよね。

 疲れた体に鞭打ってババ混みの阪和道で帰路に。釣れないのは自然相手ですから仕方ないんですけど高速混むのは解せんですね。はやく2車線化工事完了してクレイ。

 

 
 
 
 

自由人〜

  1. 19:13:48
 今日から1日まで奥様が実家に帰っております。自由人です。イヤッホーイ。


 さてどこに釣りに行こうかな・・・



 苦手の(?)チヌでも行ってみますかねえ。それにしてもどこの渡船も出航時間が早くなってきて朝が厳しい〜

 
 
 
 

いやー、凄いです。

  1. 12:46:33
 先日からRGガンダムの作成をしていますが作るにしたがってその造形の凄まじさが分かってきます。例えば


 


 これ、一つで足のフレームパーツなんですが切り取ってちょいといじるだけで

 

 

 こんな感じになります。これだけだとあまり凄さが分からないと思いますので

 


 よく曲がりますねえ。

 
 
 
 

やっぱりやってしまった

  1. 14:05:26
 昨日は疲れてもう寝る〜、って決めていましたがなんだかんだ言って作ってしまいましたわ〜

 

 ファーストガンダムですよーん



 ただし、このグレード、すごいんですよ

 

 RG(リアルグレードかな)というもので何がリアルかというと1/144スケールでほぼ色分け完璧、しかもすべてフレーム付という豪華バージョン。で、もっとすごいのが

 アドバンスドMSジョイント


 というシステム。なにかというと普通、フレームは全部組立なんですが組み立てるはずのパーツがすべて組みつけられている、ま、説明ではようわからんと思いますので追い追い説明するとします。

 

 足先のパーツですがこの時点で今までのプラモならいくつかのパーツを組付けしないといけないのですがこれは実は


 一つのパーツなのです!!


 一つのパーツですでに関節が3か所ぐらいあります。うーん、最近の技術はすごいですね。ちなみにRGはガンダムとシャアザクが販売されています。
 

 
 
 
 

しんど〜

  1. 22:13:07
 今日は珍しく(笑)会議で遅くなりました、っていつもは会議後の立ち飲みで遅くなるのですが今日は会議だけ。

 プラモを造りたいが会議中から眠くて眠くて(笑)

 ここんとこ、釣具屋のセールがぼちぼち始まっておりますなあ夜釣りに向けてアイテム貯め込みしましょうかね、っと。

 
 
顔文字教室
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved