岸和田発 バスフィッシング釣行記

 
 

真鯛を捌く

  1. 23:07:16
 先日、釣り上げた真鯛、家で捌こうと思いましたが台所が大変なことになるのが目に見えていたので近所の魚屋に持ち込み



 T『大将、鯛釣ってきたから捌いてや〜』


 大『忙しいから後や、後』




 どうも釣堀の養殖を釣ってきたと思ってたみたいでクーラー開けたら目の色変わっていました。




 大『どこで釣ってきたんや〜』


 T『串本や』


 大『捌き賃いらんから身、ちょっとおくれ。俺、昼飯に焼いて食うわ』


 T『了解〜』



 ってな感じの大将です。





 




 身をあげても恐ろしく量があります。アラだけでもアホほどあります。




 





 アラはアラ炊きに。身は塩焼き用、造り用、干物用、鍋用に切り分け。当分、いけるっぽい・・・




 





 アジも数えてみたら結構在りましたのでトツカは造りに。マルアジは塩焼き後に二杯酢に漬けて。鯛の干物は初めてですがさっと塩水にくぐらして半夜干し、表面があめ色になったところで少しあぶって食べると酒が、ビールが進む、進む。



 2度連続カセで良い思いをさせていただきましたので3度目もあるはず(笑)しかし、10月11月は厳しいなあ〜、行けるんだろうか・・・磯も始まるし悩ましい・・・

 
 
 
 

またまた行ってきました、カセ釣り

  1. 22:43:36
 前回、カセの旨い汁を知ってしまったので28日も何とか予定を遣り繰りして行って参りました。お邪魔するのは串本・フィッシング隼。

 今回はあやねパパさん、zakiさん同行でまたまた迎えに来ていただき一路串本へ。やはり串本まで行くと長距離ですので乗合にしていくと途中で変わったり出来るので気が楽です。ま、行きしなはずっと運転してもらってて半分意識無かったですが(笑)



 4:30ごろ港に到着して出船待ち。風がエライ吹いてるけど大丈夫かな。5:30に結構なお客さんを乗せて出発。今日はうねりと風が酷くて前回の浅海カセがダメらしいので川口カセに付けてもらいました。



 


 見た目は穏やかそうなのですが外洋から来るうねりで結構揺れます。しかもかなり濁っているようなので釣れるのかな・・・
 

 


 あ、そうそう、今回は二船に分かれて乗りました。大体のカセが2人用みたいであやねパパさんとzakiさんが同乗、ワタクシが一船占領〜



 さて肝心の釣りはといいますと



 

 



 底が荒れて濁ってるのでゴンズイが…ハリセンボンが・・・

 こんなのんに混じって手のひらぐらいのアジがポツポツと釣れますので仕方なしにキープ、うーん、こんなのを釣りに来たんじゃないんだけど…



 



 暇なのでおやつやビールが進みます。朝一から餌取りが酷くて弁当船が待ち遠しい…何のドラマも無く弁当も来ましたが弁当後もスッキリせず、アジ、外道がポツポツと。そのうちに半分空けてた好物の『塩トマト甘納豆』がカラスに持ってかれるアクシデント。このアクシデントで不貞寝決定です(笑)


 





 エエ天気なんやけどなあ・・・濁ってるのとうねりもきつく酔わないのですがかなり揺れます、いや、呑んで酔ってはいますが・・・



 日に焼けないようにタオルを顔に掛けて息苦しいまま、仮眠すること1時間、集中力も回復し、釣り開始。基本に立ち帰り、すべてのタックルで底取りしなおして仕掛けを入れていきます。ちょっと潮が変わってる?いい感じに仕掛けが馴染むようになってエサも残っています。そろそろ竿、舞い込むで〜、と思ってたら隣のカセでパパさんがミヨシ(漢字が出ない)が大曲り、首を振ってる感触から鯛かな〜、って思っていましたらやはりエエサイズのマダイが…。ここは勝負どころ、すべてのエサを付け替えて戦闘開始、と次にアタったのもなんとパパさん、今度は伝家の宝刀ファイアブラッドが大曲り。やり取りを見ていましたがやはり長竿(とは言っても磯竿5mですが)の方が無理なく大きな魚場合のツッコミをいなせる感じです。最初はコロかな、と思っていましたがタマに入った姿はマダイ?でかく見えたけど…



 T『何釣れたん?』




 P『マダイです〜』






 でかっ、あんなマダイ初めて直に見たわ。あんなのがカセの下にいると思うとやはりいっぱつ逆転性がカセにはありますな〜、しっかし、このままワタクシも帰る訳には行きませんので珍しく今期良く手返し。しかしちょっと潮も緩んできて、あー、やっぱり2度は良い目出来ないな〜、と思ってた矢先、アテンダーが






 どっぎゅーんー






 胴から舞い込んどる〜、アワセをしっかり呉れてから竿受けから外して戦闘開始、しかしいきなり沖に走り出します。ドラグも硬めにしてたはずですがスプールを押さえていないと糸が出て行く〜。幸い、前回と違って沖に走りましたのでちょっとは余裕がありました。竿の心配はしなくて良いのですがモノ凄い重量感、こんなの上がってくるんかな・・・


 フロロの4号を信じてやり取りします。開始時に『助ちけて〜』って叫んでしまったのでパパさんが養殖筏の間をぴょんと飛び越えて助けに来てくれました。前回はいきなり竿の胴に乗ってきて伸されて糸を出してしまいましたが今回は上手い事竿が曲がってくれているので暴れはしますが浮いてきます。じっくりじっくり巻いて何やろう、またコロかな、と思っていましたら






 





 マ、マ、真鯛や・・・



 70センチ近くあるので正直、足が震えます。サシエ入れをひっくり返してしまうぐらい喜びが・・・こんなもん、釣れるとは思っていなかったのでメジャーを持っていなかったのですが釣れた瞬間は70センチ越えてたんでは?って感じでした。




 ココから夕方の時合や〜、と思いましたがその後はピリッとせずにまたアジやらビリコが釣れてエンド






 






 コレは嬉しい、人生初の大物と呼べる真鯛でしょう〜。





 

 


 家に帰ってから計ると67センチ…やはり縮んでるのかな・・・





 帰りに田辺の王将で皆で食事して帰路に付きました。大きいのが釣れて緊張したのか、船釣り後の丘に上がった揺れの後遺症は少なかった(慣れ?)です。



 こんなのが何時までも続くとは思いませんがやはりカセはカセなりの面白みがあり、ハマるのも判る様な気がします。そしてカセの良いところはいろいろが魚種があるところ、磯のオフシーズンに釣りにいけるところが最強でしょうか。



 またお誘いがあれば行きたいですがそろそろ磯も気になりだす頃。迷いますなあ〜。あ、そうそう、70センチ近いのが2枚も上がったのでフィッシング隼のHPを一時、ジャックしてしまいましたが翌日も川口カセで70UPが釣れた模様で三日天下にもならなかった…


 




 激小さの写真ですがとても良い思い出になりました〜

 
 
 
 

もろた

  1. 22:35:15
 先日、NHKでやっていた『深海の巨大生物』シリーズ。気になっていたのでワタクシもビデオに録画しておりました。職場の方が見たいというのでDVDにして渡してあげたらいたく感動されて、感動ついでに東京の大王烏賊展に行ってしまった模様。



 




 お土産に手ぬぐい貰いました。大事に使おう。

 
 
 
 

元気にしております

  1. 12:31:36
 1週間以上、更新できずでビックリ。ワタクシは元気なのですが気候が良いので晩に子供とすぐに寝てしまうのが更新できない原因。8:30に布団に入って早ければ9:00には眠っております…



 28日、やっとのことで釣りに行けると思ってたら南の方に怪しい渦巻…何とか気合で日本に影響のないところまで押しやりたいものです。





 今回は前回行ったデータを基に荷物を極力少なく、娯楽を多く(笑)釣果も多くなるよう夢の3本出しに挑戦するつもり。お土産釣って帰るような釣りになればいいなあ〜

 
 
 
 

なんやこれ?

  1. 21:47:37
 今日はいつもの出勤形態と違いましたので朝から堺市駅前のモスバーガーでモーニングを。意外と混んでいたのにはビックリですが出てきたのをみてまたまたビックリ


 





 ぺっちゃんこ?





 見るからにおかしいんですが店員に言って見ても反応薄っ!!非常にクオリティの低い店でした。

 
 
顔文字教室
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved